介護事務・資格取得のための通信講座|スクールガイド

ケアクラーク技能認定試験の概要について

試験名ケアクラーク技能認定
資格の種類民間資格
受験資格1.教育機関等が行う教育訓練のうち、認定委員会が認定規程により定める「ケアクラーク技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者
2.介護事務職として6ヵ月以上の実務経験を有する者
試験期日年6回(4月、6月、8月、10月、12月、2月)
試験の対象居宅介護サービス機関、介護保険施設等における日常的な事務処理、窓口業務、居宅サービス・施設サービス報酬請求事務等の業務に関する職業能力
試験内容
[学科試験]
25問/50分
筆記(択一式)
試験内容
[実技試験]
2問/60分
介護報酬請求事務
介護給付費明細書作成
合格基準学科試験および実技試験の各々の得点率が70%以上
合格発表試験実施日から約1 ヵ月後に郵送にて通知
合格証の交付試験結果通知から約1ヵ月後に郵送
*合格者には「ケア クラーク」の称号が付与
受験料6,000円
受験場所日本医療事務センターの指定会場・受験申請のあった専門学校・各種学校等
主催団体(財)日本医療教育財団


ユーキャンの通信講座はコチラ
資格

介護事務の資格@通信講座|スクール情報メニュー